Download システム開発 工数 比率



PDF -Download



システム開発 工数 比率

sloc 生産性 java

「ソフトウェア開発データ白書2016-2017」 ご紹介 - IPA 独立行政法人

今まで一般的に用いられているSLOC見積りや機能規模測定法のデファクト スタンダード であるファンクションポイント(FP)法 method, which is the de facto standard for SLOC estimates and the measurement technique for measuring function scale that 富士通社内の活用推進として,FSでの生産性評 価のために, 完了プロジェクトの  LOC法(Line of Code) 工数=ステップ数?開発生産性?(1+間接要員比率)?余裕率 C Javaは2 5 6 100kで10 5∼30 1000kで20 (参考)保守案件 母体が3K超 修正ステップ+250 母体が2K超 修正ステップ+200+((母体−2000)?5 母体が 2K未満 修正ステップ+母体?10


「ソフトウェア開発データ白書2016-2017」 ご紹介 - IPA 独立行政法人

2016年11月16日 生産性向上 信頼性向上 ◇ベンチマーキング ◇開発計画の実現可能性検討 ◇ 見積りの妥当性評価 ◇組織の重点強化領域の特定等 ソフトウェア開発データ白書 29社からの エンタープライズ系 のソフトウェア (41 0%)で約8割である ○ 言語では、Java( 32 2%)、COBOL(15 1%)、VB(10 8%)、C言語(10 3%)で 7割弱である

Download

ソフトウェア開発データ白書2014-2015 - ソフトウェア高信頼化

2015年3月4日 実績工数(プロジェクト全体、開発5工程)、計画工数(プロジェクト 全体)、外部委託 比率/工数比率、基本設計工数比率 生産性 FP/SLOCそれぞれの全体生産性と 工程別(基本設計~総合テ スト)生産性 信頼性 稼働後の発生不具合数(原因/現象 )、FP/SLOCあたりの発生 不具合密度/テスト密度 ※基本は、原因数 

Download

使えるメトリクス! 「予測に基づく定量的管理の実現」 - ソフトウェア高

2014年12月12日 FP生産性とSLOC生産性の 特性は異なる。 (IPA SEC ソフトウェア開発データ白書 2012 2013 より引用) 従って、FPとSLOCを組み 合わせて予測する方法も 考え られる。 言語 FP生産性 [FP 人月] SLOC生産性 [SLOC 人時] COBOL(*1) 7 7 5 6 Java 13 4 5 9 VB(*2) 15 8 5 8 (*2)?(*1) 2 1 1 0 工数 生産性 FP

Download

その見積りの根拠は? - JFPUG

2016年11月25日 お客様 その見積りの根拠は?~事例1 SLOC 10万行の 根拠は? 要求仕様とSLOC の関係 が不明確。自動生成され る部分も多いし、SLOCで 示されても妥当性を確認 できない。 受注者 対象システムは、 Java で10万行 になると考えら れます。 SLOC の生産性を 5 8 [SLOC 人時] とすると、必要な 工数は107人月と

Download

ソフトウェア開発プロジェクトの生産性評価に関する事例 - 日本ユニシス

エンハンスの Java など,データ数が十分にある層別も分析したが,依然としてバラツキ は大 きく,t 検定で有意差は確認できなかった. さらに,このバラツキの大きさに関する 問題は,SLOC 生産性も同様であった.つまり,IT 分野の代表的な規模尺度を用いた FP や SLOC 生産性では,組織全体と各プロジェクトの生産 性を評価することが できない 

Download

定量的マネジメントのための公開データ利用ガイド - 経済産業省

例えば、生産性(SLOC/人月)を評価する場合に、SLOC の算出にあたってコメント行 を抜いて算出された生産性と、コメント行を含めて算出された生産性とを比較することは できない。このため、公開データが用語やメトリクスについてどのような定義をしている かを理解する必要がある。また、複数の公開データを利用する際には、それぞれの定義  

Download

定量的マネジメントのための公開データ利用ガイド付録 - 経済産業省

メトリクスによる定量的マネジメントは、プロダクト(成果物)、プロジェクトの進捗、 プロセス の質を可視化し、プロジェクトの工数、プロダクトの規模、プロダクトの品質の 予測を可能にする。 また、定量データを蓄積することで、非現実的な計画を立てるのでは なく、実績に裏付けされた実現 可能な計画を立案できるようになり、妥当性の高い改善 施策を 

Download

工数=ステップ数?開発生産性?(1+間接要員比率)?余裕率 基準値?(0

LOC法(Line of Code) 工数=ステップ数?開発生産性?(1+間接要員比率)?余裕率 C Javaは2 5 6 100kで10% 5∼30% 1000kで20% (参考)保守案件 母体が3K超 修正ステップ+250 母体が2K超 修正ステップ+200+((母体−2000)?5% 母体が 2K未満 修正ステップ+母体?10% FP法(ファンクションポイント) 基準値?(0.65+調整 

Download

新たな開発規模見積り手法 -ファンクションスケール法の実践 - Fujitsu

今まで一般的に用いられているSLOC見積りや機能規模測定法のデファクト スタンダード であるファンクションポイント(FP)法 method, which is the de facto standard for SLOC estimates and the measurement technique for measuring function scale that 富士通社内の活用推進として,FSでの生産性評 価のために, 完了プロジェクトの 

Download

92 SLOC生産性

以降では最初に、図表9 2 1 で4 つの言語別にしめし、「COBOL」を図表9 2 3、「C」を 図表9 2 4、「VB」を図表9 2 5、「Java」を図表9 2 6 に示す。次に、SLOC 規模の範囲 に分けてSLOC 生産性を示す。また、規模の範囲と主開発言語とのクロスでの分布状況 を示す。さらに、40KSLOC未満(小規模)のプロジェクトのみで絞り込んだ結果を示す。

Download

「ソフトウェア開発データ白書2016-2017」 ご紹介 - IPA 独立行政法人

2016年11月16日 生産性向上 信頼性向上 ◇ベンチマーキング ◇開発計画の実現可能性検討 ◇ 見積りの妥当性評価 ◇組織の重点強化領域の特定等 ソフトウェア開発データ白書 29社からの エンタープライズ系 のソフトウェア (41 0%)で約8割である ○ 言語では、Java( 32 2%)、COBOL(15 1%)、VB(10 8%)、C言語(10 3%)で 7割弱である

Download

ソフトウェア開発データ白書2014-2015 - ソフトウェア高信頼化

2015年3月4日 ソフトウェア開発データ白書 29社からの エンタープライズ 系の ソフトウェア開発 プロジェクト データ 3,541 プロジェクト IPA SEC 毎年 データ 収集 隔年 発行 参考 ◇プロジェクト マネジメント ◇組織の品質・生産性 のマネジメント Software Reliability Enhancement Center ※主開発言語1~3が、COBOL,C,VB,Java のいづれか 

Download

Javaアプリケーションの生産性をアップさせる「MyEclipse日本語版」が

2007年3月9日 日立製作所は、国内におけるJavaアプリケーション開発の生産性向上を支援するため、 MyElclipse日本語版と技術サポートの提供を4月27日より開始する。

Download

[比較検証] Spring Bootアプリの開発生産性は従来とどの程度の違うか

2017年9月4日 レガシーなWebアプリケーションの開発と比較して、Spring Bootベースの アプリケーションの開発生産性はどの程度の違うのでしょうか? 少し古めの技術が ベース DBクライアント サーバー, JDBC Derby 10 8 3 0, Spring JDBC 4 3 9 Derby 10 12 1 1 (Java 7の場合)、または10 13 1 1 (Java 8の場合) LDAP クライアント  

Download
48

This website is Search engine for pdf document ,our robot collecte pdf from internet this pdf document belong to their respective owners ,we don't store any document in our servers,

All document files belong to their proprietors.
Be sure to respect the publisher’s and the author’ s office file copyright Contact us if you need more information